2019年6月15日(土)
提供:株式会社Doctorbook

医院経営の強い味方~Doctorbookパートナークリニック~

多くの歯科医院が抱える「教育・採用・集患」という3つの経営課題。これらのお悩みをまとめて解決するサービスが誕生しました!

医院経営の強い味方~Doctorbookパートナークリニック~

歯科医院経営、こんな事にお悩みではありませんか?

多くの歯科医院は3つの経営課題を抱えていると言われています。

 

「教育・採用・集患」

 

お心当たりの先生も多いのではないでしょうか。

日々、Doctorbookにもこんなお悩みが寄せられています。

 

スタッフ教育についてのお悩み

・スタッフ教育を充実させたいけれど、時間が無い。

・安心して業務を任せられるよう、まずは一定のレベルに育てたい。

 →DBラーニングで効率の良い院内教育を!

 

人材採用についてのお悩み

・年々、採用が難しくなっていると感じる。募集をかけても良い人材が集まらない。

・良い人材に来てもらうために、何をアピールするべきなのかがわからない。

 →Casebookで臨床力を候補者に発信!

 

集患についてのお悩み

・医院の方針に合った、質の高い集患をしたい。

・急なキャンセルや、1回だけの治療は減らしたい。

 →Doctorbookにお任せください!

 

 

これらのお悩みをまとめて解決する

「パートナークリニック」という新しいサービスが誕生いたしました!

 

資料請求はこちら  

 

スタッフ教育に大活躍!e-ラーニング動画プログラム

毎日の業務に追われて、スタッフの教育に十分な時間が取れず困っている…

そんな先生方は臨床教育ツール DBラーニング を、ぜひお試しください。

 /img/columns/grpp_201906_002a.JPG

プログラムは14の領域に分かれていて、個々人に必要な内容を無駄なく学ぶことができます。

 

全77プログラム・509動画に及ぶラインナップは、

院内教育ツールとして大変ご好評いただいております。

 

「パートナークリニック」にご加入いただければ、

医院所属の先生やスタッフ全員でご利用が可能となります。

  

資料請求はこちら

 

 

実力ある人材にアピールできる!《Casebook》へ症例を投稿しよう

2019年7月、症例投稿ツールCasebookがリリースされました。

スキルのマッチした人材を集めるためには、自院の技術力を候補者にアピールすることも必要です。

こちらも「パートナークリニック」にご加入いただければ、

医院としての代表ページを公開することが可能となります。

 

2万人を超えるDoctorbook academy会員へ効率よく臨床力を発信してみませんか?

 

資料請求はこちら

 

 

なぜドタキャンされてしまうの?患者さんとの適切なマッチングとは

急患はリピーターにならない

「取れた」「痛い」の急患で継続して通わない、都合が悪くなればすぐドタキャンする…そのような患者さんばかりを集客してしまうと、安定した医院経営からは程遠くなります。

 

患者さんに向けて定期的に受診するよう働きかけていくことも大切ですが、時間を費やしたにも関わらず空振りに終わる事もあります。

 

Doctorbookの患者向けサービスと連携する事で、貴院を本当に必要としている患者さんとのマッチングを実現しましょう!

 

資料請求はこちら

 

 

ぜひお気軽にお問い合わせください!

「教育」「採用」「集患」のための機能が詰まったパートナークリニック。

早期に登録いただく事で、新サービスの機能を優先的に活用できます。

 

すでに導入いただいている医院様からは、

「スタッフの学習意欲が向上している」「症例について院内での議論が活発になった」

と、嬉しいお声をいただいております。

資料請求はこちら

お問い合わせ後3営業日以内にご連絡いたします。 FAXでの資料請求を希望される場合は、備考欄にFAX番号をご記入ください。
お名前※必須

メールアドレス※必須

勤務先※必須

勤務先電話番号※必須

勤務先住所※必須

お取引ディーラー名
ディーラーご担当者名
連絡事項など

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。