言語選択 - Language

柳沢哲秀先生:根管治療と呼ばれる感染のコントロール #3

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

根管治療を行う上で抜髄や補填の技術は欠かせませんが、歯そのものを延命させるためにも感染に対して適切な処置を行うことが重要になってきます。
柳沢先生に根管治療をする上での感染のコントロールについてお話いただきました。
2018年4月27日に行われた徹夜会でのプレゼンテーションです。ぜひご覧ください。


目次
[Part1]
0:14〜 根治治療の開始
1:34〜 感染と口内の力の関係
2:25〜 根尖性歯周炎の治療と予防
4:15〜 症例

[Part2]
0:08〜 抜髄と感染
1:46〜 感染のコントロール
2:23〜 開拡と洗浄
4:21〜 患者の治癒能力の手助け

[Part3]
0:07〜 症例比較
1:25〜 根管充填
3:38〜 歯冠側からの細菌の漏洩
4:48〜 症例 

[Part4]
0:06〜  無菌的な環境を目指す
1:55〜 唾液の中の細菌
5:31〜 ラバーダムのエビデンスの少なさ 
7:08〜 患者毎に対応していく

動画再生回数

109回

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。