PREMIUM

#2 歯髄温存の診断基準

シリーズ
目次
  • 0:05〜 歯髄温存の診断基準
  • 1:06〜 う蝕による歯髄の退行性変化
  • 3:38〜 結論
  • 4:04〜 参考文献
概要
泉英之先生によるプレゼンテーションです。
昔は抜髄をするしかなかったう蝕歯もVPT(歯髄温存療法)の普及により歯髄が温存できる可能性が高まってきています。泉先生はエビデンスを基にご自分の臨床経験から歯髄温存の診断基準を提示し、VPTの診断にマイクロスコープの有無はどのように影響するか分かりやすくまとめて下さっています。VPTを実際に臨床で行っている先生も初めて聞いたという先生にもおすすめです。
是非ご覧下さい。

キーワード:可逆性歯髄炎 歯髄温存療法 MTA 覆髄
  • 再生時間04:47
  • 公開日2019/02/18

こちらの動画もおすすめ

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。