インターディシプリナリーアプローチにおける手術用顕微鏡の活用 #2

主催
日本顕微鏡歯科学会
シリーズ
目次
  • 0:07〜 最終修復の時期
  • 1:54〜 ポストスペース作成・築造
  • 4:24〜 GP除去時の注意点
  • 11:16〜 クラウンか充填か
  • 17:42〜 長いポストはどうするか
  • 19:01〜 まとめ
概要
東京都渋谷区でご開業の尾上正治先生による
「補綴処置の精密歯科治療を極める 〜インターディプリナリーにおける手術用顕微鏡の活用〜」
という題目でのプレゼンテーションです。
尾上先生は、全ての工程においてマイクロスコープを用いマイクロスコープ使用はスタンダードであるという位置付けです。
予後に影響する因子は根管治療だけではなく歯冠補綴がいかに重要かを示し、術前・術中・術後に分けその際の注意点や対策についてお話ししていただいております。

こちらのコラムもあわせてご覧ください
【期間限定】日本顕微鏡歯科学会 第16回学術大会・総会 【動画で参加】

◆こちらの動画は学会の方限定です。パスワードについて、弊社ではわかりかねますので学会事務局にお問い合わせください。

【キーワード】
マイクロスコープ コア築造 予知性 メタルコア レジンコア
  • 再生時間20:47
  • 公開日2019/07/04

こちらの動画もおすすめ

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。