インプラント治療における"デジタルトルク管理"について

主催
京都機械工具株式会社
目次
  • 0:09〜 はじめに
  • 0:40〜 トルクとは
  • 5:08〜 KTC
  • 5:50〜 Newton-1
  • 12:32〜 Torque Ratchet Wrench
  • 14:21〜 Lab Torque Driver
  • 15:23〜  KTC 文献紹介
概要

東京都青梅市でご開業の高橋先生より「インプラント治療における'デジタルトルク管理’について」という題目でのプレゼンテーションです。
普段日常臨床で何気なく行っているトルク管理かと思いますが、果たしてそのトルク値は正確なのでしょうか。ぜひこちらのプレゼンテーションをご覧ください。

【製品特徴】
newton-1」(ニュートン・ワン)は、口腔インプラント外科手術のインプラント締結時に使用する歯科用インプラント手術器具です。
締結時の微小トルク値を正しくデジタル表示させることで、再現性のある「トルク管理」を実現。インプラント締結時の安心感・信頼性を飛躍的に高めます。

Torque Ratchet Wrench」(トルクラチェットレンチ)は、口腔インプラント外科手術のインプラント締結時に使用する歯科用インプラント手術器具です。
各インプラントシステムのハンドピース用ドライバ等を装着できるため、多くのメーカーに適用可能。独自の置き針機構により、術中における一瞬の読み取りミスを低減します。

Lab Torque Driver」(ラボトルクドライバ)はインプラントなどの人工物の装着、固定などの技工目的に用いる計測器具です。
固定スクリューを推奨トルクで締め付ける際にご使用いただけます。

キーワード:インプラント 30N トルクレンチ 埋入 上部構造

資料請求・問い合わせはこちらからお願いいたします。
  • 再生時間16:05
  • 公開日2019/07/02

こちらの動画もおすすめ

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。