言語選択 - Language

最新のコンポジットレジンを活用した保存修復治療 #1 CR修復の有用性

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

概要

静岡県でご開業の田代浩史先生より「最新のコンポジットレジンを活用した保存修復方法」という題目でのプレゼンテーションです。

マテリアルの発達によりCRで修復できる適応症例の幅も広がってきた今日ですが、口腔内で直接修復を行うには適切な充填・隔壁操作が重要です。
保険内・自費診療に分類し、様々な症例とその操作を解説して頂きました。
ぜひご覧ください。

*第150回日本歯科保存学会2019年度春季学術大会にてクラレノリタケデンタル株式会社協賛のもと行われたご講演です。

田代先生ご使用のコンポジットレジン詳細は クラレノリタケデンタル公式ページへ

【目次】
[PART1]
00:04〜 はじめに
02:20〜 CR修復の有用性
04:27〜 臼歯Ⅰ級窩洞

[PART2]
00:04〜 Ⅱ級修復(保険診療)
02:40〜 充填ルーティーン
03:28〜 失活歯のⅡ級窩洞
06:52〜 メタルインレーからCR
09:13〜 MODインレーからCR修復
11:18〜 Ⅳ級修復(保険診療)

[PART3]
00:04〜 前歯部修復(自費診療)
04:33〜 ベニア修復
06:25〜 下顎前歯部
09:14〜 補修修復
10:12〜 まとめ


【キーワード】
ダイレクトボンディング 歯冠破折 Blackの分類 MI フロアブルレジン ペーストタイプ

講師

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。