言語選択 - Language

林丈裕先生:インプラント周囲組織のマネジメント #2

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

前歯部インプラントを行っていく中で一番気を使う所は歯肉だと思います。

抜歯即時では手術後の変化が大きく想像がつきにくく、
待時埋入では補うべきところがとても大きくなってしまいます。

そこで今回は東京都港区でご開業の林丈裕先生に「インプラント周囲組織のマネジメント」という題目でお話いただきました。

歯肉形態を大きく左右する基底面形態をプロビジョナルレストレーションで整えることで、最終補綴物セット後に退縮が起きにくく審美的に調和したインプラント治療をご説明頂いております。

是非御覧ください。

目次
part1
0:20~ プロビジョナルレストレーションの役割
2:22~ ソフトティシュマネージメントの行う為のルール
3:33~ 抜歯即時インプラントのソフトティッシュマネージメント
4:38~ アクセスホールとアバットメントの材質の検討
7:30~ ソフトティッシュマネージメントテクニック
9:01~ カスタムインプレッションコーピングの作成
9:22~ 術後口腔内写真

part2
0:05~ 待時埋入インプラントのソフトティッシュマネージメント
4:00~ プロビジョナルレストレーションの調整
5:54~ オープントレーでの印象採得
6:30~ 最終補綴物セット
7:50~ まとめ

キーワード:インプラント 前歯部 歯肉形態 ブラックトライアングル クリーピング AFG 1回法 DPA

動画再生回数

310回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。