言語選択 - Language

岩田照禎先生:短縮歯列は遊離端欠損への選択肢になりえるか #2

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

※無料期間終了後はプレミアム会員のみ閲覧可能です。
 各先生方のプレゼンテーションが見られるプレミアム会員への登録は こちら

日常臨床の中で遊離端欠損は補綴方法やその処理の仕方に頭悩まされる事が多いと思います。
パーシャルデンチャーにするか、延長ブリッジにするか、やはりインプラントにするか、
そこで選択肢の1つとして無理に補綴をしないで短縮歯列にするという考えはいかがでしょう?

今回は東京都国立市でご開業の岩田照禎先生に実際の症例を見ながら、短縮歯列(SDA)に関する1981年のKayzerの論文から1995年のアレンの論文までを読み解いてまとめて頂きました。

短縮歯列(SDA)の適応症や禁忌症、そして懸念されるいくつかの問題点について研究を元に丁寧にご説明頂いております。

part 1目次
0:20~ 患者概要
2:41~ 補綴計画
4:30~ 補綴の利点欠点まとめ
5:40~ SDAコンセプト
6:20~ SDA適応症と禁忌症
7:39~ 歯牙喪失の懸念
8:48~ 合併症の懸念

part 2目次
0:05~ 歯周組織への影響の懸念
0:49~ 口腔のQOLの懸念
1:51~ 咀嚼能力の懸念
2:52~ 顎関節への影響の懸念
3:52~ 咬合の変化の懸念
5:09~ 長期予後への懸念
6:03~ SDAのまとめ
7:02~ 症例への応用
9:20~ 今回のまとめ

キーワード
短縮歯列 SDA 顎関節 口腔のQOL 長期予後 DPA

動画再生回数

194回

講師

  • 岩田 照禎 先生

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。