言語選択 - Language

「どうする この症例!」 再生療法


会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

異なる部位に骨吸収を認める3つの症例を通じて、再生療法の適応症・使用材料、そして、根分岐部病変に対するアプローチを考える。

演者: 大川 敏生 先生
座長: 松井 徳雄 先生

歯周再生療法を行う上では、その適応症をどう捉えるか?材料は何を選択するか?
そして、根分岐部病変に対するアプローチは如何にして行うか?など重要なポイントが存在する。

今回は、前歯部・小臼歯部・根分岐部に骨吸収を認める3つの症例に実例として取り上げつつ、これらの点を整理していく。

前歯部の症例においては、治療のオプションとしてどの処置(非外科処置、オープンフラップ、抜歯、歯周再生療法)を選択するか?

小臼歯部の症例では、補填材料としてどの材料(自家骨、他家骨、異種骨、人工骨、コンビネーション)を選択するか?

そして、根分岐部の症例においても治療の選択肢(非外科処置、抜歯、オープンフラップ、ルートリセクション、歯周再生療法)を共に考えながら実際の症例を紹介していく。

動画再生回数

116回

講師

主催

JIADS

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。