言語選択 - Language

構義徳先生:アイオノジットベースライナーの活用法

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

間接覆髄材には何を用いていますか?

水酸化カルシウムだったり、CRだったり、MTMだったり
とその選択肢は成分だけでも数多くあります。

今回はその成分の1つに注目し、グラスアイオノマー系のアイオノジットベースライナーについて、港区でご開業の構義徳先生に「アイオノジットベースライナーの活用法」という題目でお話いただきました。

ただ隙間を埋めるだけではなく、その歯の長期的な予後を、文献と臨床の側面からわかりやすくお話いただきました。

ぜひご覧ください。

目次
1:15~ アイオノジットベースライナーの特徴
2:31~ 間接覆髄材の種類による成功率の違いの論文
4:09~ アイオノジットの使用例
5:41~ 大きな2級窩洞とエナメルクラック
8:00~ アイオノジットの失活歯応用模式図
8:34~ 失活歯応用症例
9:05~ まとめ

キーワード:間接覆髄 グラスアイオノマーセメント フッ素徐放性 硬化膨張 新生象牙質

動画再生回数

1,435回

講師

資料を請求する

製品の資料をメーカー担当者よりお送りします。
お名前

メールアドレス

勤務先

勤務先電話番号

勤務先住所

連絡事項など

主催

株式会社ヨシダ

シリーズ動画

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。