言語選択 - Language

吉竹賢祐先生:インプラント理入時期のクライテリア #2

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

インプラントの埋入時期で迷うことはあると思います。
抜歯即時が良いのか?GBRを併用して埋入するのが良いのか?
選択肢が多くあるほどこの症例はどれが良いのか迷ってしまいます。

今回は大阪府吹田市でご開業の吉竹賢祐先生に「インプラント埋入時期のクライテリア」という題目でお話いただきました。

インプラントの埋入時期とGBRやソケットプリザベーションの組み合わせを大きく5パターンに分けて、症例を交えながら詳しくご説明いただいております。

自分の手技に選択肢の幅を持たせたい先生はぜひ御覧ください。


目次 ※現在パート1を無料公開中!

part1
0:15~ インプラントの埋入時期とGBR行うかでの5パターン
1:15~ 抜歯窩の自然治癒を待ってから埋入
3:17~ ソケットプリザベーション後埋入

part2
0:00~ Bio-OssとePTFEメンブレンの論文
2:00~ 軟組織治癒後、GBR併用インプラント埋入
3:00~ インプラントの埋入角度と審美的要因
3:30~ 軟組織治癒後GBRのみ、その後インプラント埋入
4:00~ 抜歯後即時埋入

キーワード:インプラント GBR 結合組織移植術 CTG 埋入時期 ソケットプリザベーション

動画再生回数

144回

講師

  • 吉竹 賢祐 吉竹 賢祐 先生

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。