言語選択 - Language

安増一志先生:これから始める抜歯窩保存術 #2

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

安増一志先生によるスライドプレゼンテーション。『これから始める抜歯窩保存術』という演題にて お話頂きました。


インプラントを行うにあたり頬側の骨はとても重要です。

病変により吸収してしまった骨がさらに抜歯によってさらに吸収してしまいます。
審美機能的に良いインプラントの治療を行うには抜歯した部位の骨への配慮が不可欠です。

今回は福岡県宗像市でご開業の安増一志先生に「これから始める抜歯窩保存術」という題目でお話いただきました。

抜歯窩保存術に必要な道具やキーポイントなどを症例の写真を交えながらわかりやすくお話いただきました。

抜歯窩の骨のコントロールを行っていきたい先生には非常に良い動画になっています。
ぜひご覧ください。

目次

[ part 1 ]
0:56~ 抜歯窩保存術に必要なもの
2:25~ 症例1 口腔内写真とX線写真
3:11~ 抜歯窩保存術の目的

[ part 2 ]
0:05~ 保存できる骨量を左右する因子
1:45~ 骨補填材の充填
2:15~ 遮断膜の設置
3:30~ 4週後遮断膜の除去
4:40~ インプラント埋入
5:45~ 症例2 X線写真
6:30~ 骨補填材の充填
8:10~ インプラント埋入
8:50~ 抜歯窩保存術のポイント

キーワード:インプラント 頬側骨 骨補填材 歯周外科 抜歯窩

動画再生回数

136回

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。