言語選択 - Language

澤田宏二先生:ドクターが気をつけたい総義歯作成のポイント #2

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

総義歯臨床で難しいところは、教科書の文字や写真だけでは掴みづらい3次元的なイメージをしっかりと持たなければいけないところです。

今回は東京都武蔵野市でご開業の澤田宏二先生に「ドクターが気をつけたい総義歯作成のポイント」という題目でお話いただきました。

総義歯の困難度をタイプ分けし、それぞれ義歯床のポイントと咬合のポイントをまとめています。

実際のフィットチェッカーの残り具合からどのような粘膜の当たり具合なのかを3次元的に考察し、適切な調整を行っています。
ぜひご覧ください。

目次

[Part 1]
0:36~ 総義歯の困難度タイプ分け
2:12~ 義歯床のポイント
2:34~ 咬合のポイント
5:38~ 総義歯作りのコンセプト

[Part 2]
0:05~ 総義歯作りのコンセプト
1:28~ フィットチェッカーの残り方と口腔内状況
7:43~ 総義歯臨床の難しさとまとめ

キーワード:総義歯 フィットチェッカー 咬合 義歯床 顎堤吸収 解剖 顎骨

動画再生回数

101回

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。