言語選択 - Language

岸川隆蔵先生:MI治療とレジン接着修復について #2

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

先生方はCR修復を行う時にどんなことを意識していますか?
最近では最小の侵襲ということでMIの概念が広まっています。

MIの理念に基づいたCR修復は患者と術者の双方に利点があるものです。

今回は東京都世田谷区でご開業の岸川隆蔵先生に「MI治療とレジン接着修復について」という題目でお話しいただきました。

ご自身の研究からレジンの接着や収縮にもしっかりと配慮し、
最小限の侵襲で最大限の効果を出しているCR修復をぜひ御覧ください。

目次
part1
0:55~ MIの基本5原則
3:55~ MI治療の実践
4:41~ 2層のう蝕象牙質
5:39~ う蝕の削除基準
7:36~ エナメルマージンの整理

part2
0:07~ 接着性能に影響を与える因子
1:51~ 照射距離と光強度
3:30~ 窩洞と積層充填の研究
5:10~ MIに基づいたCR修復の実際
6:16~ 予後良好のための約束事

キーワード:接着修復 コンポジットレジン Minimal Intervention 光照射 ラウンドバー

動画再生回数

387回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。