言語選択 - Language

柳沢哲秀先生:根管処置後の補綴処置~咬合力から根管処置歯を守る~ #2

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

根管治療をした歯は血流がなくなるから破折しやすい、という訳ではありません。ではなぜ破折しやすいのでしょうか。根管処置後の補綴処置について柳沢先生にお話いただきました。様々なエビデンスと臨床ケースから導き出した理想的なポスト配置やフェルールの確保について学ぶことができます。ぜひご覧下さい。

目次

[Part1]
0:12〜 歯髄疾患とは
1:29〜 咬合力で破折した症例
2:05〜 残存歯質の重要性

[Part2]
0:05〜 支台築造
5:55〜 ファイバーポストかメタルポストか
10:05〜 ポストの位置

[Part3]
0:05〜 ポストの理想的な長さと太さ
4:55〜 クラウンの適合と咬合力

キーワード:支台築造 破折 ファーバーポスト レジンコア

動画再生回数

225回

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。