掲載のご案内

NYU歯内療法短期留学プログラムマイクロエンド3Daysコース/Endodontic LIve Microsurgery 3 Day Course In Guatemala

概要

参加する先生方が実際に患者治療を行い、最先端のマイクロエンド外科(マイクロ歯内療法外科)を学べる臨床教育プログラムが、いよいよ始まります。
このコースは、米国ニューヨーク大学卒後研修短期留学プログラム(NYU International Endodontic Program)の知識と技術を、患者さんの治療を通してどのように活用するかを学ぶ実践編です。


フランシスコマロキン大学(University Fransisco Marroquin: UFM) の主催でUFMの大学病院で日本人歯科医師を対象としたアドバンスなマイクロエンド外科臨床教育プログラムです。
NYU歯内療法科臨床教授の岡﨑がUFMの客員教授として、このマイクロエンド外科コースを監修します。UFMの大学病院で 最先端のマイクロエンド外科の講義を受け、3Dプリンティング顎模型でマイクロエンド外科の基本術式とマイクロスコープ、エンドスコープの使い方を学び、2日間に渡り実際にマイクロエンド外科の患者治療を行います。

このエンド外科コースは、これからマイクロエンド外科を始めたい先生方、最先端のマイクロエンド外科の知識と術式を習得したい先生方に最適のコースです。
実際に患者治療を行う臨床教育プログラムのため、参加人数に制限がございます。お早めにお申し込み下さい。


【このセミナーの特徴】
・ライブサージェリーコースのため参加人数に制限がございます。あらかじめご了承ください。

・講義、ハンズオンならびにライブサージェリーのスーパーバイズははNYUエンドデパートメントの岡崎臨床教授が行います。通訳を介さず、直接質疑応答が可能です。

・講義、ハンズオン、術前カンファレンス、各自2症例マイクロスコープを用いたエンドドンティクマイクロサージェリーそして術後カンファレンスと質疑応答を3日間で行います。

・ホテル(Westin Camino Real Hotel)は大学がまとめて予約し、大学の用意したバスでホテルと大学間の送迎をいたします。

・ライブサージェリーになりますので大学でテンポラリーライセンスを取ります。事前に英語のライセンスが必要となります。(厚生労働省のホームページより取得できます)

・スケジュールは上記のスケジュール表をご参照ください。(都合により一部内容が変わることがあります。あらかじめご了承ください。)

このセミナーへのお申し込み

日時

2019年9月29日(日) 08:00 - 17:00

2019年9月30日(月) 07:30 - 17:00

2019年10月1日(火) 07:30 - 20:30

会場

フランシスコマロキン大学(University Fransisco Marroquin)

Google マップで表示

本サイトでは、利用者の皆様に対して正確な情報を提供するべく努めておりますが、 セミナー・イベントへの参加に際して、主催者様の提供するウェブサイト等で合わせて開催情報のご確認をお願いします。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。