※プレミアム会員限定のライブ配信です。動画は19時45分頃より配信開始されます。それまでしばらくお待ち下さい。

スペシャル
2020年9月17日(木) 公開

「無歯顎患者の補綴製作、どう診る、どう作る?」吉松繁人先生クリニカル・カンファレンス

  • 【振り返り視聴】
    9/17  
    9/18 ~ 10/1
    ※本セミナーは開催の翌日までプレミアム会員の方なら無料で再度視聴可能です。  
    その後は有料で2週間の振り返り視聴期間の予定となります。  


    【抄録】
    無歯顎の患者は日常生活に不自由しているため、短期間での咀嚼機能や審美性の回復を求められる。しかしながら無歯顎の患者は歯や顎堤を喪失しているだけでなく、それに伴う解剖生理学的な代償性変化を起こしていることが多い。我々歯科医師は、なんの指標や情報もない口腔内を見て補綴物を製作しなければならず、補綴物製作は非常に困難である。さらに歯科技工士に口腔内の情報を伝え補綴物製作を依頼するが、客観的な指標が乏しいと、望む補綴物の形態になりにくい。今回、患者の様々な解剖学的ランドマークの見方を提示し、より患者満足度の高い無歯顎補綴の制作について提案してみたい。  


    【略歴】
    1995年 広島大学歯学部卒業
       同年 福岡県京都郡  松延歯科医院 勤務
    1998年 福岡県久留米市 吉松歯科医院 勤務 
    2001年 福岡県久留米市 吉松歯科医院 開業
    2012年 歯学博士号取得

    【所属学会、スタディーグループ等】
    5-D Japan (デンチャコース講師)
    JUC
    経基臨塾
    JACD
    Osseointegration study club of Japan 正会員
    日本歯科医師会会員
    日本顎咬合学会会員
    日本老年歯科医学会会員
    日本矯正学会会員
    日本デジタル歯科学会会員
    International College of Craniomandibular Orthopedics fellowship  

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。