スペシャル
2020年10月7日(水) 公開

【振り返り視聴~10月21日まで】はじめてみよう!接着ブリッジ  〜前歯部欠損に対する接着ブリッジの可能性~ 大谷一紀先生 クリニカル・カンファレンス

  • 【振り返り視聴】
    10/8 ~ 10/21 まで ※プレミアム割あり
    ※本セミナーは開催の翌日までプレミアム会員の方なら無料で再度視聴可能です。    
    その後は有料で2週間の振り返り視聴期間の予定となります。    

    【概要】
    歯欠損の補綴治療においてインプラント治療は非常に有用な治療法ではあるが,さまざまな事情でインプラン卜以外の治療法を選択される患者も少なくない.そのため,ブリッジやパーシャルデンチャーによる治療は,いまだ欠くことのできない重要な補綴オプションの1つである. 1歯欠損の前歯部においては,パーシャルデンチャーは審美的に受け入れられがたく,従来型ブリッジが選択されることが多いが,支台歯となる両隣在歯が健全歯の場合,その歯質削 除量には心が痛む.そしてこれに抗するべく,最小限の歯質削除量で修復が可能な接着ブリッジが古くからし提案されてきた.現在,歯科界では多くの分野で低侵襲が叫ばれており,補綴治療も例外ではない.
    本セミナーでは,オールセラミックス材料を用いた接着ブリッジの臨床応用を行ううえでの基本的な考え方や接着治療の勘所について解説します.
    <コンテンツ>
    ○接着ブリッジってどんな治療?
    ○なぜ接着ブリッジなのか?
    ○接着ブリッジのデザイン
    ○接着ブリッジの材料と接着法
    ○支台歯形成について
    ○接着ブリッジのプロビジョナルレストレーション

    【講師】
    大谷一紀先生
    (経歴)
    1997年 日本大学歯学部卒業
    1997年 日本大学歯学部歯科補綴学第Ⅲ講座
    大谷歯科クリニック院長
    <所属学会等>
    日本補綴学会専門医
    日本歯科理工学会会員
    Esthetic Explorers会長
    スタディーグループDSH

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。