プレミアム
2020年11月22日(日) 公開

【LIVE】「感染予防セミナー ~今こそ考えよう!歯科医院の感染予防とその管理~」柏井伸子先生

  • 日時
    2020年11月22日(日) 10:00 - 2020年11月22日(日) 14:00

  • 講演のレジュメとなります。ご自由に印刷し、ご利用ください。

    レジュメPDFはこちら

    【LIVE参加の方へ】
    プレミアム会員限定のライブ配信です。動画は9時45分頃より配信開始されます。それまでしばらくお待ち下さい。
    プレミアムサービスに入会する

    上手く再生されない場合は こちらをクリック

    【振り返り視聴】
    11月23日〜12月23日の一か月間、録画配信されます。
    振り返り視聴は有料会員はいつでも見ることが可能です。

    【抄録】
    2019年12月に中国・武漢で発生した呼吸器系感染症が急激なスピードで世界中に拡散し、ついにWHO(World Health Organization世界保健機関)より広範囲地域における感染症として「パンデミック」が宣言されました。その後、緊急事態宣言が発出され、定期的なメインテナンスも間隔を延ばしたり、電話での状況確認だけにしたりと、対応を迫られました。緊急事態が解除されても、処置後の室内換気やPPE(Personal Protective Equipment個人防護具)着用の徹底が必要となっています。
    感染管理学の中には、「環境設定」、「手指衛生」、「スタッフ教育」、「コスト管理」などと同様に、日常業務としてスタッフの皆様が取り組まれていらっしゃる「使用済み器材の再生処理」があります。
    しかし、洗浄不良での消毒・滅菌等、不適切な取り扱いをなさっていませんか?消毒薬使用時には、生体か器材か環境かという「対象」や、「濃度」・「接触時間」の遵守が必要で、滅菌物の保管方法にも配慮しなければなりません。
    感染予防およびその管理に取り組むためには、時間やマンパワー等の制約の下、ムリなことムダなことの見直しを行い、作業の効率化を図ります。今回のウェビナーでは、現状維持で良いのか、それとも要改善なのかをみつめ、患者さんたちに安心して眼を閉じ口を開いていただく環境づくりの一助となればと考えます。  

    【内容】
    ● 歯科治療の特性と注意点
    ● 標準予防策遵守の必要性と実践方法
    ● 環境設定
    ● 手指衛生
    ● 使用済み器材の再生処理
    ● 今後の感染予防のための考え方

    【講師】
    柏井 伸子 先生
    口腔科学修士 歯科衛生士 第二種滅菌技士
    有限会社ハグクリエイション代表


    本動画はDoctorbookプレミアムサービス対象です。
    初回3日間無料!今すぐお試しください。

    DHプレミアムでもご視聴いただけます。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。