プレミアム
2021年11月8日(月) 公開

コピーデンチャーを利用した総義歯製作法 Episode.4 咬合と排列から審美を考える

  • 日時
    2021年11月8日(月) 20:00 - 2021年11月8日(月) 21:30

    公開終了日時
    2021年11月16日(火) 23:59

  • 【LIVE参加の方へ】
    動画は開始15分前頃より配信開始されます。それまでしばらくお待ち下さい。


    【振り返り視聴】  
     
    11/9(火) ~ 11/16(火) まで
    期間中、プレミアム会員の方は何度でもご視聴が可能です。    
    一般会員:8,800円(税込) プレミアム会員:0円    


    【概要】
    今回の主要テーマは咬合と排列位置です。総義歯の装着感を良好なものにするためには、人工歯の排列位置が大切です。
    上顎顎堤の吸収は頬側から唇側から進んでいきます。そのため顎堤頂は口蓋側に移動していき、人工歯を顎堤上に排列していくと、口腔内が狭くなってしまいます。本来は正常であったものが反対咬合のようになってしまうわけです。それを防ぐために、まず上顎のデンチャースペースを回復した義歯の形を作ることが大切です。
    今回もムービーによる症例報告を中心に、顎堤頂を外した排列とデンチャースペースを満たした義歯の辺縁がどのように審美に関わってくるかみてください。

    講師:村岡秀明先生

    【略歴】
    1972年 神奈川歯科大学 卒業
    1976年 北海道町立診療所 勤務
    1980年 むらおか歯科 開業

    【所属】
    日本顎咬合学会 指導医
    日本アンチエイジング歯科学会
    大日本総義歯研究会
    てんとう虫スタディグループ

    【書籍】
    総義歯臨床ワンポイントQAブック
    私の作法 1 原稿 講演 勉強
    村岡です。 総義歯22世紀への提言
    若手歯科医のための臨床の技50 総義歯
    今、保険の義歯をどう作るか
    総義歯吸着への7つのステップ
    村岡秀明の総義歯咬合採得咬合調整
    臨床に即応できる! 総義歯吸着への7つのステップ+Q&A
    保険の総義歯をどう作るか
    総義歯の謎を解き明かす
    総義歯という山の登り方DVDビデオ付臨床のベスト・ルートを求めて
    パーシャルデンチャー私の臨床―技をぬすむ2
    村岡秀明の総義歯臨床図鑑
    私の作法 2 患者対応 待合室 ミーティング
    究極の総義歯 (臨床の達人)
    1枚の写真ではじまる12人の義歯臨床
    無歯顎臨床ー技をぬすむ
    医院すたいる診療スタイルそれぞれ


    本動画はDoctorbookプレミアムサービス対象です。
    初回3日間無料!今すぐお試しください。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。