無料公開中
2022年7月13日(水) 公開

我々が支台築造を行う意義

    • 00:00〜 イントロデュース 
    • 01:40〜 本項のアウトライン 
    • 01:53〜 我々が支台築造を行う意義 
    • 03:15〜 直接法によるメリット 
    • 05:25〜 小括 
    • 05:52〜 抜歯の原因
  •  支台築造はどのタイミングでどのように行うのが適切でしょうか。
     
    根尖性歯周炎の原因が細菌であることは、kakehashiらにより明らかになっています。
    1985年Swansonらの研究を皮切りに根管充填材、充填方法が研究されてきました。
    さまざまな論文からどのタイミングで支台築造を行った方がいいのか、またそのメリットについて知ることができます。
     
    仮に支台築造が根菅充填後にできない場合、どのように対処すべきか、その方法も動画で解説しております。
     
    その際考慮しなければならない細菌漏洩に関して、根管充填の質と補綴修復物の質を比較した論文があります。
    川合先生の臨床と交えて、わかりやすく説明しております。
    小括もありますので、効率よく最適な治療手順を知ることができます。
     
    また根管治療が行われた歯の抜歯原因についても言及されており、過去の論文と現代の実態を比較検討されています。
    ぜひ動画でご確認ください。
     
    破折についても、ピックアップされています。
    「なぜ起きるのか」
    「どのように修復処置をおこなうことで、破折を防ぐことができるのか」
    次の動画で詳しくご説明していただきます。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。