Doctorbook academy

  • <Ivoclar Academy>
    大阪セラミックトレーニングセンター  片岡 繁夫 先生
    『 IPS e.max のこれから』

    <片岡先生のメッセージ>
    近年、CAD/CAM の進化により、ジルコニア素材による、補綴物作成が主流をなしてきている。二ケイ酸リチウム系のプレスセラミックIPS e.max の今後の展開は、今までと何ら変わらず、エナメル質との接着強度の優位性を含め、優れた審美性を作り出すことのできる補綴材料として、適応症例に合わせて、使用されるべきである。
    WEB セミナーでは、一口腔にてIPS e.max による、様々な使用方法をプレゼンをしたいと思います。

IPS e.max のこれから

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。