櫻井祐弥

Maxillofacial Analysisに基づき必要最低限の侵襲を意識して包括的治療を行なった一例

内山徹哉先生が提唱なさっているMaxillofacial Analysisを用いてMIに基づく包括的治療を行い、
審美的及び機能的な回復を行なった一例です。

この症例へのコメント

この投稿に関するコメントはまだありません。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。