言語選択 - Language

寺岡寛先生:ケースレポート 〜 CTの使用を検討すべき症例 ~ #1

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

CTはレントゲンと比較すると解像度が高いため正確な診断には最適なツールともいえます。しかし被曝量も高くなりますので、いつでも歯科用CTを使えば良いとは言えない面もあります。
寺岡寛先生にどのような症例にCTの使用を検討すべきか語っていただきました。

2018年10月26日の徹夜会でのプレゼンテーションです。

目次
[Part1]
0:37〜 感染
1:30〜 診断
3:24〜 CTの適応症
5:05〜 症例

[Part2]
0:16〜 症例
1:20〜 歯内療法の原理、原則
5:04〜 初回治療の成功要因
7:15〜 技術の進歩

キーワード:歯内療法 CT 根管治療 感染 

動画再生回数

207回

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。