【PV】進化するデジタルソリューション ~Neoss インプラントのデジタルワークフロー~

主催
ネオス・ジャパン株式会社
概要
<セミナー紹介>
CAD/CAM と CBCT の進化により、インプラント治療は硬組織、軟組織の三次元情報に加え、バーチャル上で構成した上部構造の情報により補綴主導のトップダウントリートメントを事前にシミュレーションできることとなりました。
また決定されたポジションはサージカルガイドへ正確に反映され、ガイドによって埋入した後に、口腔内光学印象による即時修復、または免荷期間を経たリエントリー時、さらにティッシュハウジング完成後などのそれぞれのステップでさまざまなマテリアルを選択してプロビジョナルやファイナルの修復物の製作が可能となっています。
草間先生がご使用されている Neoss インプラントによる臨床応用についてご紹介します。

<主な質問項目>
◆ネオスインプラントを臨床使用してみての感想
◆セレックを使用してのデンタル活用について
◆これからのデンタルデンティストリーの行方について
  • 再生時間03:27
  • 公開日2018/12/10

こちらの動画もおすすめ

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。