言語選択 - Language

【無料公開中】 多数歯欠損に対するIARPDの応用 #1 症例1

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

概要

品川区の大藤 竜樹先生による
「多数歯欠損に対するIARPDの応用」という題目でのプレゼンテーションです。

多数歯欠損症例はすれ違い咬合や咬合関係がなかったり、骨吸収が大きい場合も多く、義歯だけで支持維持把持を得るのがなかなか難しかったり、インプラントのみで補綴するには大掛かりな外科処置が必要であったり、悩む場合が多いですよね。

そこでIARPD(インプラントパーシャルデンチャー)という選択肢があります。

多数歯に応用した2症例を中心にご説明していただいています。


【目次】
[Part1]
0:08〜 はじめに
0:13〜 緒言
1:08〜 症例1

[Part2]
0:05〜 症例2
5:10〜 IARPDの特徴・まとめ

【キーワード】
IARPD パーシャルデンチャー インプラント すれ違い咬合 
臼歯部咬合関係なし 咬合支持 宮地の咬合三角

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。