SPECIAL

#4 顎位偏位・顎堤が吸収されている症例 

シリーズ
目次
  • 0:51〜 上前歯部多数歯欠損症例
  • 4:58〜 矯正ー埋入症例
  • 10:29〜 顎位が偏位した症例
  • 13:10〜 顎位偏位・顎堤が吸収されている症例
  • 22:31〜 まとめ
概要

銀座でご開業の中村茂人先生による「リスク軽減を考えるインプラント治療」という題目でのプレゼンテーションです。
中村先生はインプラントにおける最も重要な点はインプラントポジションと形態、サブ因子として軟組織や高組織のマネージメントであることを示し、それらのリスクとなりうる因子への対策を数々の症例を用いながらご説明してくださっています。

顎偏位症例を行なっているベテランの先生はもちろん、イラストや臨床動画をふんだんに用いて診断基準から丁寧にご説明してださっているのでこれからCTGや埋入に挑戦する先生にも非常にわかりやすい内容です。ぜひご覧ください。


キーワード:審美領域インプラント セファロ分析
Ridge preservation

  • 再生時間23:15
  • 公開日2019/09/20

こちらの動画もおすすめ

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。