EF Line. 導入セミナー「咬合と機能不全におけるトレーナーの応用」
スペシャル
2019年10月18日(金) 公開

EF Line. 導入セミナー「咬合と機能不全におけるトレーナーの応用」

-
(0人の評価)
オーソデントラム
銀座でご開業の矯正歯科専門医、文野弘信先生によるEFLine.についてのご講演です。
EFLIneは可撒式装置であり、患者さんのコンプライアンスの良し悪しや、適応症であるかにより予後は大きく異なります。
文野先生は、これらのことからEFKineのみで改善傾向が得られた症例やEFline.を他装置と併用し効率的に利用する場合、長期的にEFLineを使用した様々な症例をご紹介してくださり、筋機能のコントロールや分析・診断、応用力が必要か訴えかけてくださっています。
GPの先生ができる範囲、また専門医の先生に委ねるべきタイミング・症例などより臨床に即した内容になっております。

エピソード

  • スペシャル
    【第1部 #1〜#4】は矯正治療の目標や分析の重要性などオーソドックスな内容からはじまります。矯正治療は実際いつはじめたらいいのか。筋機能訓練がなぜ求められているかについて解説していただいています。
    再生する

    再生時間 33:36

  • スペシャル
    【第1部 #1〜#4】は矯正治療の目標や分析の重要性などオーソドックスな内容からはじまります。矯正治療は実際いつはじめたらいいのか。筋機能訓練がなぜ求められているかについて解説していただいています。
    再生する

    再生時間 25:03

  • スペシャル
    【第1部 #1〜#4】は矯正治療の目標や分析の重要性などオーソドックスな内容からはじまります。矯正治療は実際いつはじめたらいいのか。筋機能訓練がなぜ求められているかについて解説していただいています。
    再生する

    再生時間 43:34

  • スペシャル
    第1部は矯正治療の目標や分析の重要性などオーソドックスな内容からはじまります。矯正治療は実際いつはじめたらいいのか。筋機能訓練がなぜ求められているかについて解説していただいています。
    再生する

    再生時間 26:16

  • スペシャル
    【第2部 #5〜#7】は、実践的なご講演です。EFLIneは可撒式装置であり、患者さんのコンプライアンスの良し悪しや、適応症であるかにより予後は大きく異なります。筋機能のコントロールや分析・診断、応用力が必要か訴えかけてくださっています。
    再生する

    再生時間 26:10

  • スペシャル
    【第2部 #5〜#7】は、実践的なご講演です。EFLIneは可撒式装置であり、患者さんのコンプライアンスの良し悪しや、適応症であるかにより予後は大きく異なります。筋機能のコントロールや分析・診断、応用力が必要か訴えかけてくださっています。
    再生する

    再生時間 28:07

  • スペシャル
    【第2部 #5〜#7】は、実践的なご講演です。EFLIneは可撒式装置であり、患者さんのコンプライアンスの良し悪しや、適応症であるかにより予後は大きく異なります。筋機能のコントロールや分析・診断、応用力が必要か訴えかけてくださっています。
    再生する

    再生時間 26:39

  • スペシャル
    【第3部 #8〜#10】第1・2部をご覧になった先生は、患者さんの顔貌や口腔内をみて着目点が変わってきているのではないでしょうか。第3部はそんな着眼点がついてきた方々への実践・応用内容です。
    再生する

    再生時間 25:54

  • スペシャル
    【第3部 #8〜#10】第1・2部をご覧になった先生は、患者さんの顔貌や口腔内をみて着目点が変わってきているのではないでしょうか。第3部はそんな着眼点がついてきた方々への実践・応用内容です。
    再生する

    再生時間 28:23

  • スペシャル
    【第3部 #8〜#10】第1・2部をご覧になった先生は、患者さんの顔貌や口腔内をみて着目点が変わってきているのではないでしょうか。第3部はそんな着眼点がついてきた方々への実践・応用内容です。
    再生する

    再生時間 24:30

レビュー

まだこの動画にはレビューがありません。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。