⑯Clinical challenge in minimal invasive & comprehensive dentistry
スペシャル
2019年12月27日(金) 公開

⑯Clinical challenge in minimal invasive & comprehensive dentistry

星の数
-
内山徹哉先生による「次世代の歯科医師に贈るジェネラリスト育成講座」最終回となる第16回目はMaxillo Facial Analysisを行なった包括的なアプローチ症例です。最近(5年前から)の治療を詳しく解説して頂きました。

エピソード

  • スペシャル
    最終回となる第16回目の今回は、Maxillo Facial Analysisを行なった包括的なアプローチ症例です。PCを利用し5分以内でできてしまうMaxillo Facial Analysisから症例ははじまります。
    再生する

    再生時間 14:07

  • スペシャル
    本症例はプロビジョナルレストレーションの時点で一度も脱離していません。これらはセファロ分析により診断した正しい顎位がMIかつ包括的な治療を可能にした結果です。 まずは下顎前歯部Final形成までをご覧下さい。
    再生する

    再生時間 13:50

  • スペシャル
    #2で取り上げた症例の、上顎ファイナルセットまでを解説頂きました。3級症例におけるジルコニアフレームの位置やベニア修復におけるセメンテーションなど、いままでの復習となる内容です。
    再生する

    再生時間 14:02

  • スペシャル
    臼歯の咬合崩壊から咬合平面も平坦化し下顎前方位、関節円板も前方位、Air Wayの確保も困難というように様々な課題のある症例です。咬合と顎位を変えなければならない症例の分析とTrial Therapyをご覧いただけます。
    再生する

    再生時間 14:16

  • スペシャル
    #4で取り上げた症例の、ファイナルセットを解説して頂きました。どんなに難易度の高い症例でも「咬合や顎位を変える=全顎的補綴」ではなく「Occlusal reconstruction×MI」を実現しています。
    再生する

    再生時間 13:55

レビュー

まだこの動画にはレビューがありません。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。