言語選択 - Language

【Education Library】PMTCの基本:知識編

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

PMTCの基礎知識、目的や効果について解説した動画です。
PMTCと歯面研磨の違いについて、患者さんにお伝えするポイントなどを
動画を通じて学ぶことができます。

DHマネジメント協会 公式サイト



詳細



①PMTCとは


PMTCとは専門家による機械的な歯面清掃のことをいいます。
PMTCはスウェーデンイエテボリ王立イエテボリ大学歯学部予防歯科主任教授であったペールアクセルソン博士によって提唱されました。
PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が機械を使った歯面の清掃のことをいいます。
メカニカルという「機械」を使ったクリーニングをすることをPMTCといっています。
機械を使わないで行うPTCという言葉もあります。こちらは専門家による歯面清掃をいいます。
例えば、歯ブラシやフロスを用いて清掃をすることをPTCといっています。

②PMTCの定義


PMTCの定義は、歯科医療従事者、主に、歯科医師、歯科衛生士が行う歯科予防処置であり、全歯面から選択的にplaqueを除去することと定義づけられています。
全ての歯面を清掃するのではなく、プラークのついている部分のみを清掃していくことを定義づけています。

③PMTCの目的


PMTCの目的は、患者さんの口腔内が良い状態を保つための現状維持、または、再発の防止を目的としています。
また、リスク部位のバイオフィルムの除去、歯肉縁上および、歯肉縁下の1~2mmのプラークを除去することを目的としています。

リスク部位とは
リスク部位は、患者さんが磨きにくい部位やカリエスリスクが高い部位、ペリオのリスクが高い部位などをいいます。

④PMTCと歯面研磨の違い


PMTCと歯面研磨では、目的と効果が大きく違います。
PMTCの目的は、リスク部位のバイオフィルムの除去を行うことで、それにより、う蝕や歯周病の予防効果が期待されます。
歯面研磨の目的は、ステインの除去や歯面の滑沢化、着色などがついたものを除去する、または、SRP後の歯面の粗造な部分を滑沢化することが目的になります。
それによって、審美的な回復の効果が得られると言われています。
このように、PMTCと歯面研磨には大きな違いがあることがわかります。

メインテナンスにおけるPMTCでは、私たち歯科衛生士がプロフェッショナルケアを行い、患者さんがセルフケアを行、これらが両立することでう蝕や歯周病の予防ができると言われています。
患者さん自身が磨きにくい部位をしっかりサポートをし、磨けるようになるためのブラッシング指導を行う。この二つが両立し、されに、セルフケアのでできる割合を増やしていくことが、予防につながると考えられています。

定期的なメインテナンスでは来院時にPMTCを行うことによって、良い状態を保ち、う蝕や歯周病の予防を行っていきます。

まとめ


・PMTCとは、歯科医療従事者が行う歯科予防処置のことをいいます。
・PMTCは全歯面から選択的にプラークを除去すると定義づけられています。
・PMTCではバイオフィルムを除去することが目的です。
・PMTCは歯面研磨とはことなり、う蝕・歯周病の予防効果があるといわれています。

動画再生回数

597回

講師

  • 塚本 千草 塚本 千草 先生

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。