Doctorbook academy

プレミアム
2023年9月15日(金) 公開
星の数
4.0
価格
8,800円〜(税込) (プレミアム会員 0円〜(税込))
付与ポイント
1% (通常:80pt〜 プレミアム:0pt〜)
クレジットカード Amazon Pay

日本は、高齢化社会へ急速に変貌しており、日本の高齢化率(65歳以上の人口割合)は、2005年に世界で初めて20%へ到達した後、2020年頃には約27%、ピーク時の2050年頃には約32%にまで達すると言われています。
この超高齢化社会を迎えて予測されるのは、顎堤が吸収している患者が増えて行く事でしょう。

インプラントを用いたアタッチメントは、義歯の安定を容易にするので、これからの治療法として広く普及して行くと思われます。
支持装置としてインプラントを使う事は、義歯の安定と咀嚼効率の向上に非常に有効であり、患者のQOLの改善をともないます。
維持装置として、いくつかの方法が考えられますが、その中でも、マグネットアタッチメントとロケーターアタッチメントは比較的安定度の高い方法と思われます。
いくつかのケースを通して装置の概略と使用法を検証していきます。

★学べること★
・マグネットアタッチメントとロケーターアタッチメントの比較
・マグネットアタッチメントの優位性
・MRIへの影響

【参考書籍】
書籍も併せてご視聴いただくことで、さらに理解が深まります。
みんなにやさしいマグネットデンチャー
著者:小坪義博 2023年4月発売

みんなにやさしいマグネットデンチャー 書影

エピソード

レビュー

  • 30代
    歯科医師(勤務医)

    マグネットデンチャーのベーシック

    星の数
    4.0

    マグネットアタッチメントのMRIに対する影響、その対応について詳しく説明してされていて有意義だった。

    2023/11/01

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。