右メニュー
会員用メニュー
メニューリスト

谷口崇拓先生:根分岐部病変の再生療法 #1


会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は info@doctorbook.jp までお問い合わせください。

概要

根分岐部病変はその特徴から治療が難しく管理しにくい病変です。

歯周基本治療の後に重度の場合は根分割や抜歯してインプラントなどの処置を行う先生も多くいると思いますが、待ってください。

歯周組織再生療法を行いなるべく自分の歯で長く持たせることが出来るかもしれません。

今回は長野県長野市でご開業の谷口崇拓先生に「根分岐部病変の再生療法~歯根分割や抜歯を考える前に」という題目でお話いただきました。

術前にCTの撮影でフラップデザインを決め、正確に縫合を行っています。
歯間乳頭の壊死や歯肉の裂開をしてしまった症例などあえてあまりうまく行かなかった症例を提示することで、起きてしまった時の対処法や起こさないためのテクニックなどのお話いただいております。

ぜひご覧ください。

目次
part1
0:38~ 根分岐部病変の管理が難しい理由
1:08~ 分岐部病変を温存療法した症例
4:53~ 再生療法のキーファクター
5:37~ 適応症の見極め
8:25~ 再生療法に影響を与える局所的因子

part2
0:05~ 下顎分岐部病変2度の症例
1:25~ 再生療法術中写真
2:37~ 術後の2年の経過
3:20~ 下顎分岐部と垂直性骨欠損の症例
4:11~ CTでの骨欠損状態の把握
5:25~ 術中写真と術後3年半
7:01~ 上顎2度の再生療法の症例
7:34~ CTでの骨欠損状態の把握
8:51~ 歯間乳頭の壊死
10:32~ 6年後経過

part3
0:05~ 根尖にまで及ぶ骨欠損を伴う分岐部病変症例
1:12~ 再生療法術中写真
2:50~ リグロスを使った症例
4:16~ 歯肉の裂開と膨隆
6:37~ まとめ

キーワード:根分岐部病変 歯周組織再生療法 エムドゲイン リグロス 骨補填材 フラップデザイン 縫合 DPA

動画再生回数

817回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。