言語選択 - Language

【無料公開中】篠原範行先生:リップバンパーを用いた下顎のアーチデベロップメント #1


会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

矯正治療は大抵の場合スペースを確保するために4番を抜歯するもの。
そう思っている先生は多いと思います。

たった一本の0.45のステンレススチールのワイヤーで大臼歯の回転やアップライト・小臼歯の頬側へのアップライトをすることができます。

非抜歯で矯正治療をトライできるその方法はリップバンパーを用いた方法です。

今回は兵庫県伊丹市でご開業の篠原範行先生に「Molar Oriented Orthodontics リップバンパーを用いた下顎のArch Development」という題目でお話いただきました。

下唇圧を下顎前歯に加わらないように排除するだけでなく、大臼歯や小臼歯に矯正力を与えます。
その劇的な変化をぜひ動画でご確認ください。

※現在パート1を無料公開中!ぜひご覧ください。

目次
part1
0:19~ Molar Oriented 矯正治療について
2:11~ 下顎不正咬合の歯牙の回転と移動

part2
0:05~ リップバンパーによるpassive expansion
0:50~ リップバンパーによるArch Developmentの症例
2:11~ リップバンパーを使用して治療した叢生の症例
3:27~ リテーナーを無くした動的治療終了4年経過
3:49~ まとめ

キーワード:矯正治療 非抜歯矯正 リテーナー リップバンパー 大臼歯アップライト 

動画再生回数

150回

講師

  • 篠原 範行 篠原 範行 先生

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。