言語選択 - Language

【無料公開中】藤原啓先生:歯根完成歯の歯牙移植の位置付け ~臨床的考察と文献的考察~ #1

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

藤原啓先生:歯根完成歯の歯牙移植の位置付け

自分の歯牙が欠損したらどのような治療計画を立てますか?
義歯とブリッジとインプラントで選択することになると思いますが、そこにもう一つ「歯牙移植」という選択肢があるといいですよね。

隣在歯を削ることなく骨に人工物を入れる必要もありません。

今回は大阪市中央区でご開業の藤原啓先生に「歯根完成歯の歯牙移植の位置付け」という題目でお話しいただきました。

先生ご自身の臨床的考察と過去の論文的考察から歯牙移植を行う条件について丁寧にまとめて頂いております。
移植を選択肢に加えて長期安定させたいと思っている先生は是非御覧ください。

目次

[Part 1]
0:16~ 欠損が起こった場合の選択肢
1:48~ 歯牙移植の臨床的考察
2:27~ 歯牙移植とインプラントの比較
3:03~ 右上8番を右下6番部に移植したケース

[Part 2]
0:05~ 歯牙移植の文献的考察
1:30~ 移植に関する過去の論文
2:30~ ドナー歯のポケット値と根管治療の既往と移植生存率
3:00~ 移植後の固定と生存率・年齢と生存率
3:50~ メインテナンスの有無と歯牙移植歯生存率
5:40~ まとめ

キーワード:歯牙移植 インプラント 単根歯 歯周外科 ドナー歯 歯根膜 縫合

動画再生回数

322回

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。