言語選択 - Language

梅原一浩先生:デジタル機器の臨床応用:前編

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

歯科にもデジタル化の波がきています。
時代に踊らされてはいけませんが、知っていることで上手くついていくことができます。

今までは精度面での不安がありましたが、充分に臨床応用して問題ないところまで上がってきています。

今回は青森県弘前市でご開業の梅原一浩先生に「デジタル機器の臨床応用」という題目でお話いただきました。

デジタル化のメリットをしっかりと考え良さを活かすような臨床での応用と
バーチャル咬合器の現状についてわかりやすくお話いただきました。

ぜひご覧ください。

目次
part1
0:20~ トピック
2:09~ デジタル化の良さと問題点
4:27~ デジタル化とは?
5:54~ 標準化
6:19~ ビジュアル化

part2
0:05~ データ化
1:12~ マテリアルの硬さと曲げ強さ
1:55~ バーチャル咬合器の現状
2:44~ 正常咀嚼運動模式図
5:09~ データ保存のメリット
6:42~ まとめ

キーワード:口腔内スキャナー バーチャル咬合器 ジルコニア

動画再生回数

189回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。