言語選択 - Language

【無料公開中】山影俊一先生:補綴治療におけるICPの再現 #1

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

歯科臨床では、術式によって結果が大きく異なる部分があり繊細な技術を必要とする場面があります。
今回は、補綴治療における咬合の与え方について「補綴力を高める」という題目で山影先生にお話しいただきました。

目次
part1
0:27〜 IPCとは
0:50〜 IPCの主要知見のまとめ
1:26〜 IPCの偏位を招く因子
1:51〜 症例
3:01〜 全顎歯列模型法
4:18〜 部分歯列模型法 

Part2
0:08〜 咬合印象法
1:49〜 咬合印象法の適応拡大
2:14〜 時差補綴
2:52〜 パターンレジンアイランド法
3:27〜 方法を組み合わせて行う
6:33〜 全顎歯列模型法における時差補綴の活用例

キーワード 補綴 咬合 歯列模型 歯列 印象

動画再生回数

375回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。