言語選択 - Language

北條弘明先生:抜髄の続き 〜アクセスキャビティーを中心に〜 #3

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

北條弘明先生から 抜髄の続き 〜アクセスキャビティーを中心に〜 という題目でお話していただきました。
抜髄を行う際には、根管にきちんと器具が届くように。また根管の見落としがないように過不足なく入口になる歯を削ることが大事になってきます。せまいアクセスキャビティーは根管の見落としや、器具をきちんと挿入することができずに歯の神経を取り残しの原因になってしまいます。
北條先生が施術の際に気をつけている事など症例やエビデンスを引用しながら、わかりやすくご説明していただいています。
2018年9月14日の徹夜会の様子です。ぜひご覧下さい。

目次
[Part1]
0:09〜 前回の復習 
2:08〜 根管治療の基本
5:06〜 アクセスキャビティー
10:02〜 複数の根管に気付く

[Part2]
0:16〜 歯髄壊死症例
1:12〜 下顎前歯
2:34〜 下顎犬歯
4:05〜 下顎大臼歯のアクセスキャビティー

[Part3] 
0:16〜 MM根
2:29〜 樋状根
3:55〜 最近の私の根管治療

キーワード:抜髄 アクセスキャビティー 解剖学 根管充填 診断

動画再生回数

116回

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。