言語選択 - Language

髙橋宏征先生:DECISION MAKING 歯内療法領域の意思決定 #2

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

概要

髙橋宏征先生から「DECISION MAKING 歯内療法領域の意思決定」という題目でのプレゼンテーションです。
触らず経過を診るか再治療すべきなのか抜歯して欠損補綴をするか、そしてその補綴は何にすべきか、文献を読んでも様々な基準がありそいてその文献の内容全てが患者さん一人一人に当てはまる訳ではありません。
髙橋先生のこちらのプレゼンテーションでは、歯個々とどのように向き合って行くか、そして患者さんの望みに対していかに折り合いをつけていくかを解決するヒントを提示していただいています。歯内療法領域だけではなく様々な分野で応用可能な考え方を身に付けることができます。ぜひご覧ください。

【目次】
[Part1]
0:14〜  はじめに
2:01〜  歯内療法の目的と過程
2:44〜  抜歯の基準
3:21〜  臨床期待度
4:18〜  患者さんのメリット
4:49〜  成功の可能性
5:36〜  分類と予後

[Part2]
0:05〜 経験による意思決定
2:28〜 根管治療後の抜歯の原因
4:31〜 難易度評価表
5:57〜 術者によるバイアス
6:17〜 まとめ
9:15〜 case1
13:56〜 case2
15:08〜 まとめ


キーワード:歯内療法 歯根端切除 ペン大エンド 診断基準 保存

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。