言語選択 - Language

地域包括ケアシステムにおける、在宅歯科診療の役割 #1 現代社会での歯科の役割

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

概要

【概要】
井上義郎 先生による「地域包括ケアシステムにおける、在宅歯科診療の役割」という題目でのプレゼンテーションです。超高齢社会を迎えた現代の日本ではQOL向上のため在宅における高齢者における口腔機能の改善が欠かせません。井上義郎先生のプレゼンテーションでは、地域包括ケアシステムとして他職種といかに連携していくか、またその重要性や実際の方法についてお話しされています。ぜひご覧下さい。

【目次】
[Part1]
0:10〜 在宅診療とは
0:40〜 歯科の役割とは
2:04〜 最先端とは
4:49〜 現代社会での歯科の役割
7:30〜 福島訪問歯科医院

[Part2]
0:06 〜 在宅の歯科医師が必要か
1:24〜 フレイル予防
4:15〜 地域包括ケアシステム
6:02〜 狭間の医療

[Part3]
0:11〜 口腔機能の維持
5:42〜 口腔とサルコペリアの関係
6:48〜 舌機能向上の重要性
7:31〜 舌圧力計
9:20〜 連携
11:47〜 懸念事項・今後の予測

[Part4]
0:26〜 情報提供
4:57〜 急性期と在宅
7:37〜 嚥下リハとリハビリテーション
9:13〜 口腔機能低下症
10:16〜 口腔カンジタ症
11:14〜 虐待
11:45〜 BP製剤やその他・対応
13:39〜 地域包括ケアシステムにおける歯科の役割

キーワード:高齢者 オーラルフレイル 虚弱 口腔ケア 三次医療 病院歯科

講師

  • 井上 義郎 井上 義郎先生

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。