言語選択 - Language

小方頼昌教授:エムドゲインを使用し再生療法を行った侵襲性歯周炎の症例

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

※無料期間終了後はプレミアム会員のみ閲覧可能です。
 各先生方のプレゼンテーションが見られるプレミアム会員への登録は こちら

若年性侵襲性歯周炎への対応は頭を悩ませれることが多いと思います。

自覚症状が出てから来院されると、根尖部まで及ぶ大きな垂直性骨吸収が多部位に起きていることもあります。

今回は日本大学松戸歯学部 歯周治療学講座の小方頼昌先生にエムドゲインを用いた再生療法についてお話いただきました。

術中の写真が多く、手術の流れや注意点など細かいところまで見ることができます。術後のエックス写真では骨再生を認める像が確認できます。
ぜひご覧ください。

目次
0:15~ 患者概要
0:50~ 初診時歯周検査
2:09~ 初診時X線写真
2:57~ CT画像
3:16~ 細菌検査結果
4:58~ 基本治療終了時
5:45~ 左側上下術中写真
9:52~ オペ1ヶ月後
11:38~ 右側上下術中写真
15:06~ 初診時との比較
15:56~ 術後エックス線写真

キーワード 歯周組織再生療法 エムドゲイン フラップ手術 侵襲性歯周炎 

動画再生回数

384回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。