閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する口腔内装置の解説
プレミアム
#1無料公開中
2020年7月27日(月) 公開

閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する口腔内装置の解説

星の数
4.0
睡眠時無呼吸症候群については、「医科で中等度以下と診断された場合OA適応、下顎前方位で製作して気道を確保する」という共通認識はあるかと思います。
ですが、実際の臨床では医科からの紹介数も決して多くないこともあり、前方位の設定位置をはじめとする製作方法や経過観察の方法・合併症、数値の管理について不明点がある先生も多いのではないでしょうか。

そこで吉田 茂治先生のこちらのプレゼンテーションです。 概要はもちろんのこと、CPAPとOAの相違、そしてセファロを用いた術前診察・詳細な製作方法と経過観察項目など、実際の臨床で疑問に思う点に焦点を当てご説明くださいました。潜在患者数も多く、真摯に向き合い内科との連携も行えば患者さんのQOL向上や増患に繋がるトピックです。ぜひご覧ください。

※本動画は2020年5月に撮影されたものです。

エピソード

  • 無料公開中
    概要、CPAPとOAの相違、術前診察・詳細な製作方法と経過観察項目など、実際の臨床で疑問に思う点に焦点を当てご説明くださっています。潜在患者数も多く、真摯に向き合えば患者さんのQOL向上や増患に繋がるトピックです。ぜひご覧ください。
    再生する

    再生時間 10:17

  • プレミアム
    概要、CPAPとOAの相違、術前診察・詳細な製作方法と経過観察項目など、実際の臨床で疑問に思う点に焦点を当てご説明くださっています。潜在患者数も多く、真摯に向き合えば患者さんのQOL向上や増患に繋がるトピックです。ぜひご覧ください。
    再生する

    再生時間 19:26

  • プレミアム
    概要、CPAPとOAの相違、術前診察・詳細な製作方法と経過観察項目など、実際の臨床で疑問に思う点に焦点を当てご説明くださっています。潜在患者数も多く、真摯に向き合えば患者さんのQOL向上や増患に繋がるトピックです。ぜひご覧ください。
    再生する

    再生時間 19:25

  • プレミアム
    概要、CPAPとOAの相違、術前診察・詳細な製作方法と経過観察項目など、実際の臨床で疑問に思う点に焦点を当てご説明くださっています。潜在患者数も多く、真摯に向き合えば患者さんのQOL向上や増患に繋がるトピックです。ぜひご覧ください。
    再生する

    再生時間 14:46

レビュー

  • 50代
    歯科医師

    睡眠時無呼吸の装置の歴史から臨床まで

    星の数
    4.0

    睡眠時無呼吸の装置の歴史から臨床まで学べます。
    実際に使われる装置の作用や副作用もわかりやすくまとまっています。

    2020/08/04

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。