言語選択 - Language

須田剛義先生:補綴治療の役割と治療計画について #1


プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

※無料期間終了後はプレミアム会員のみ閲覧可能です。
 各先生方のプレゼンテーションが見られるプレミアム会員への登録は こちら

普段先生方はどのような流れで治療を行っていますか?
初診で撮ったパノラマX線写真を見ながら漠然と治療計画を立ててはいませんか?

長期予後を、そして患者さんの事を考えた治療を行う為には十分な診査としっかりとした治療計画の立案が大切です。

今回は大阪でご開業の須田剛義先生にアメリカ留学でのご経験を活かした診査・診断・治療計画の立案の流れを実際の症例を追いながらお話頂きました。

part1 目次
 補綴の種類に沿ってご説明いただきます。
1:05~ 審美修復のケース
1:50~ 咬合再構築のケース
2:26~ 特殊なインプラントのケース
3:28~ 補綴専門医の役割
7:34~ 補綴治療計画に必要な診査項目
9:03~ 症例概要

part2 目次
1:36~ 治療計画の整理
2:35~ 歯冠長延長術+インプラント埋入
3:27~ ファイナルSET
3:58~ 現在歯の診査と予後判断
7:01~ 代替案の提示
8:00~ ライフステージを考慮した計画

動画再生回数

376回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。