火曜会 65周年記念講演会 第1部「経過から考える補綴臨床」
スペシャル
2022年6月21日(火) 公開
星の数
-
価格
16,500円(税込) (プレミアム会員 13,200円(税込))
付与ポイント
1% (通常:150pt プレミアム:120pt)
クレジットカード Amazon Pay
欠損歯列の難しさは、その多様性にあります。
患者それぞれの希望や状況を読み解き、適切な「義歯の機能と形」を探るためには、プロビジョナルレストレーション の経過を観て考える必要があります。
一方で術後経過観察の記録には明日の臨床に役立つヒントがあり、火曜会の最重要課題となっています。
今回はそういった 補綴臨床のプロセスから見えてきた、プロビジョナルレストレーションの大切さ、犬歯の重要性、「すれ違い咬合」への対応の要点などについて提示したいと思います。

引用元:火曜会 歯科臨床スタディ・グループ

本コンテンツの概要はこちら

<火曜会 65周年記念講演会 公開予定>
第1部「経過から考える補綴臨床」全8本(2022/6/21公開)
中舘 正芳先生、金子 一芳先生、中村 一寿先生、村埜 啓真先生、設楽 幸治先生、若松 尚吾先生、西島 泉先生、筒井 純也先生

第2部「患者の個体差から診る歯周病治療」全5本(2022/7/5公開予定)
千葉 英史先生、鷹岡 竜一先生、今村 亮祐先生、鎌田 征之先生、斎田 寛之先生

第3部「歯根膜移動が拡げる明日の臨床」全5本(2022/7/19公開予定)
甲田 和行先生、林 直也先生、江尻 健一郎先生、中村 輝夫先生、松井 宏榮先生

第4部「人の成長発育と高齢化にあわせた歯科医療」全1本(2022/8/2公開予定)
須貝 昭弘先生


【告知】
火曜会メンバーが主催する臨床基本ゼミのご案内


日常臨床の90%は基礎治療の積み重ねです。
高度な技術や材料を駆使する前に、きちんとした基礎治療を身につけて臨床のベースを作っていただきたい、そんな思いで1998年から始まった歯科臨床セミナーです。
特に開業前後の若い歯科医で、自分の臨床をレベルアップし、医院のシステムを確立させたい、またはそのベースを作りたいと考えている方に役立つものでありたいと考えています。
講演会などでは不可能な、少人数ならではの双方向性の内容です。
頭の中だけのレベルアップではなく、すぐに実際の臨床で活かしていただき、その成果や疑問を確認しながら進むブログラムです。
受講生と講師の距離が近く、とてもアットホームな雰囲気で、毎回の懇親会などを通じて様々な悩みの解決に繋がればと考えています。
臨床基本ゼミHP

●2023年度 臨床基本ゼミ ”事前申し込み”のご案内

2023年度 臨床基本ゼミの事前申し込みを受け付けております。
以下ページ内”2023年度 臨床基本ゼミ 事前登録”よりお願いいたします。
またお申し込み前に、ゼミからのお願いをお読み下さい。

2023年度 臨床基本ゼミ 事前申し込み

※事前登録は、2023年度の日程、申し込みの案内などをいち早く優先的にお知らせするシステムです。
申し込みが定員を超えた場合、事前登録をされている方を優先的に申し込みさせていただきます。
正式な申し込みではありませんので、ご興味がある方はお気軽にご登録下さい。

エピソード

レビュー

まだこの動画にはレビューがありません。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。