右メニュー
会員用メニュー
メニューリスト

樋口惣先生:CAD/CAM時代におけるマイクロスコープを用いた精度向上への取り組み【DPA】


プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は info@doctorbook.jp までお問い合わせください。

概要

樋口忽先生によるスライドプレゼンテーション。「CAD/CAM時代におけるマイクロスコープを用いた精度向上への取り組み」というタイトルで、お話頂きました。

補綴物の精度向上には、基本的な治療の積み重ねが重要です。
1.ポジショニング
2.器具(充填器他)
3.スムースなフィニッシングライン
上記を中心に、実際の症例に沿って解説いただきます。

是非、術前と術後の比較をご覧ください。

※無料配信期間は5/18をもって終了いたしました。

動画再生回数

367回

講師

関連動画