言語選択 - Language

【無料公開中】椿誠先生:顎関節症状を伴う患者のフルマウス リコントラクション #1

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

多数の歯が欠損または修復されていて咬合の低下が見受けられ、更に顎関節症を併発している患者さんはどのように治療計画を立てていけば良いか悩むと思います。

このままの下がった顎位では今後顎関節への影響が強くなってしまいます。

今回は熊本県熊本市でご開業の椿誠先生に「顎関節症状を伴う患者のフルマウス リコントラクション」という題目でお話いただきました。

一見躊躇してしまう治療方針でもしっかりとした診査と診断そして仮歯に置き換えてからの再評価を行い、長期的に安定する顎位とその補綴を発表していただいております。

バイトアップや全顎の補綴を考えている先生はぜひ御覧ください。

※現在パート1を無料公開中!ぜひご覧ください。

目次
part1
0:19~ 患者概要
1:34~ 治療を行う上での問題点
2:27~ 全顎のTEKへの変更
3:29~ 顎位の変化によるプロビの調整
4:03~ 咬合の再評価

part2
0:05~ 下顎右側大臼歯部のインプラント埋入
1:08~ バイト採得とファイナルの印象採得
2:41~ ワックスアップ時の注意点
3:22~ 最終補綴への移行のタイミング
5:06~ ファイナルセット
5:40~ まとめ
7:40~ 4年後メインテナンス時

キーワード:顎関節症 補綴治療 インプラント 咬合挙上 顎位の変更 FDO咬合理論 セントリック クロスマウント

動画再生回数

333回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。