言語選択 - Language

野寺義典先生:第三大臼歯の矯正歯科的活用法について

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

第3大臼歯は不要なものとして抜いていくという選択を取る方が多いかと思います。
しかし、水平埋伏智歯も矯正で引っ張り上げることで有効利用が可能な場合があります。

今回は東京都中央区でご開業の野寺義典先生に「第三大臼歯の矯正歯科的活用法について」という題目でお話いただきました。

予後不安な第2大臼歯よりも埋伏しているが健全歯の第3大臼歯の方が予後良好な場合があります。
実際のアプローチを動画にて見ていきましょう。

目次
0:17~ 患者概要
1:02~ セファロ分析と診断
1:13~ 4番抜歯と動的治療開始
2:03~ 第3大臼歯の牽引と整列
3:00~ 初診時との比較
4:55~ まとめ

キーワード:矯正治療 第3大臼歯 セファロ分析 抜歯矯正
DPA : Doctorbook Presentation Archives
無料期間終了後はプレミアム会員のみ閲覧可能です。著名な先生方のプレゼンテーションが見られるプレミアム会員の詳細は こちら

動画再生回数

174回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。