概要欄下オレンジのボタンよりオラビ錠口腔用50mgのお問い合わせが可能です。ご興味ある方は是非お問い合わせください。

無料公開中
2020年10月14日(水) 公開

かかりつけ医に役立つ!オーラルメディシンに基づいたコロナ時代の歯科診療

    • 01:04〜 歯科保健医療ビジョン
    • 02:18〜 オーラルメディシンについて
    • 03:51〜 新型コロナウィルス感染における国内の発生状況
    • 05:35〜 新型コロナウィルス感染対策
    • 10:00〜 病院で遭遇する口腔粘膜疾患
    • 27:53〜 口腔カンジダ症の病態と治療 
    • 42:54〜 コロナ時代におけるこれからの地域連携
    • 52:05〜 Q1. クリニックでできそうな口腔カンジダ症の診断でおすすめはなんですか?
    • 53:03〜 Q2. 扁平苔癬の特効薬はありますか?
    • 54:41〜 Q3. 味覚異常の患者の血液検査では鉄以外にどのような項目をチェックしますか?
    • 55:49〜 Q4. 開業医への要望やお願いなど幅広く教えていただきたいです。
  • 総合病院では、地域包括ケアシステムの普及に伴い病診連携の強化が求められています。一般開業医の先生方と地域で良好な関係を築くためには、近年多様な広がりを見せている病院歯科の役割について理解していただく必要があります。

    病院歯科の役割は、大きく①入院患者の口腔健康管理、②全身に由来する特殊疾患の診療、そして③かかりつけ歯科医制度の推進に分かれます。その過程で遭遇する口腔粘膜疾患の診断と治療は以前にもまして重要課題となっています。そして、退院後の歯科治療を地域に依頼する「逆紹介システム」の推進、ここまでが病院歯科の役割となっています。これらの実際について解説したいと思います。

    ※こちらは2020年9月30日にLIVE配信された動画です。

    【講師略歴】
    1995年3月 東京歯科大学卒業
    2000年4月 東京歯科大学口腔外科学第一講座 助手
    2006年4月 東京歯科大学口腔外科学講座 講師
    2009年7月 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学歯学部に留学
    2011年7月 がんプロフェッショナル基盤推進プランコーディネーター
    2013年7月 東京歯科大学口腔外科学講座 准教授
    2014年6月 東京歯科大学口腔がんセンター 准教授
    2015年4月 東京歯科大学オーラルメディシン・口腔外科学講座教授
    2020年4月 東京歯科大学口腔腫瘍外科学講座教授/口腔がんセンター長
    現在に至る

    【その他:学会活動】
    日本口腔内科学会理事
    日本口腔診断学会理事
    日本口腔外科学会代議員
    日本口腔科学会評議員
    日本頭頸癌学会評議員
    日本口腔ケア学会評議員

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。