Doctorbook academy

PR スペシャル
2023年9月20日(水) 公開

「歯の保存と歯根膜の限界」+まとめとディスカッション 臨床歯科を語る会 分科会 歯の保存のボーダーを再考する #9 千葉英史先生

価格
27,500円〜(税込) (プレミアム会員 22,000円〜(税込))
付与ポイント
1% (通常:250pt〜 プレミアム:200pt〜)
  • クレジットカード
  • Amazon Pay


  • インプラントの確実性が上がる昨今、歯の保存が軽視される流れがある一方で、再生療法、マイクロエンド、マテリアルの進化など、歯の保存のためのテクニックや材料は改良され、以前にも増して歯を保存できる可能性は高まっていると言えます。”歯の保存”は臨床歯科を語る会が大切にしてきた考え方の一つです。

    今回はそのボーダーラインについて、以前から変わらないところ、そして変わったところなどディスカッションしたいと思います。
    一歯単位の話題(ペリオ、エンド、カリエス、破折歯など)を中心に、多くの症例を集め、若手の先生からも歯の保存に努めた症例を発表いただきます。

    歯の保存の成否は最後は経過観察に委ねられます。何名かのベテランの先生からは長期症例を通じてそれらに対する一つの答えを提示していただき、歯の保存のための視点、そこから得られた知見などをお話ししたいと思います。

歯の保存のボーダーを再考する|第42回 臨床歯科を語る会 分科会

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。