無料公開中
2014年12月9日(火) 公開

秋本健先生による前歯部審美修復治療

  • 前歯部の審美修復処置を行う際には、先ず歯肉の高さが左右対象であること、次に歯肉面を歯面より前方に持ってくること、そして歯間乳頭の高さが左右対象であること、以上の3点が、EstheticSoftTissueManagementにおけるポイントとして挙げられる。

    特に抜歯後に歯槽骨にダメージがある場合には治療が難航するケースも多く、抜歯窩の治癒機転を考えれば、前歯部ほど抜歯による顎提の変化が大きく4~5割の退縮が起き得る事を念頭に置いて処置を進めていく事が求められる。

    今回は、リッジプリザベーションの概念、そして結合組織移植を行う際の移植片の採取のポイントについて、実際の症例や治療風景を交えて紹介する。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。