言語選択 - Language

【無料公開中】内山徹哉先生:チェアサイドとラボサイドを結ぶ、一眼レフを用いた撮影画像の効率的伝達方法と口腔内写真の効率的管理法 #1

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

青山一丁目でご開業の内山徹哉先生のスペシャル動画『次世代の歯科医師に贈る、ジェネラリスト育成講座』第1回のpart1をお試し無料で公開しております。

資料採得、カウンセリングから一本の充填、包括的治療に至るまでを内山先生の臨床を凝縮し動画にまとめました。

内山先生のスペシャル動画がすべて見終わる頃には、臨床への自信がかなり深まること間違いありません。

併せてコラムVisionary Treatmentを行うための環境作り/内山徹哉先生も是非お読み下さい。


PART1 診療を記録することの重要性

内山先生の臨床の中では記録、特に写真が欠かせません。
自費率が高い先生であればあるほど、初診からファイナルまでの写真撮影が大切になってきます。
まずは内山先生が考える診療の記録することの重要性についてお話頂きました。

・自分の臨床の再評価
・他科との連携
・ラボとの連携
・患者への説明
これらのことを円滑に行うためには記録が不可欠です。
しかし、毎回の写真を撮って取り込んで管理してという事が面倒でなかなか進まない先生も多くいるかと思います。
そこで、何万枚もの写真を撮影し管理している内山先生が実際に行っている院内システム構築方法についてお話頂きました。
この方法を行えば、コストを最小限に、時間をかけず、ストレスもないというアイディアを複数ソフトを組み合わせご提示いただきました。
この動画でぜひご確認ください。

0:20~ 動画の全体的な流れ
1:18~ 患者説明と口腔内記録撮影、管理の効率化
2:04~ 診療内容を記録することの重要性
3:00~ Before-AfterそしてProcess
5:14~ ラボとの連携
6:48~ 患者への説明 コンサルテーション
8:51~ 口腔内写真を撮るということ
10:51~ 従来のラボとの写真共有
14:00~ 写真の共有システム

動画再生回数

211回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。